インプラントなら東京・錦糸町駅徒歩1分。インプラント20年の実績、最新機器と高い技術力で安心。東京都墨田区錦糸町、市川駅、亀戸駅、北千住駅からもアクセス便利。

なるべく痛みが少ないインプラント

なるべく痛みが少ないインプラント

なるべく痛みが少ないインプラント

なるべく痛みが少ないインプラント

「インプラントの治療の際、痛くないでしょうか?」「麻酔をするのが怖いのですが・・・」という質問を良くお聞きします。

錦糸町歯科インプラントセンターでは、麻酔の針を刺す前に「塗る麻酔」を使用しています。針が刺されているという感覚をなくすためです。また、使用する麻酔液を体温に近づけて、麻酔液と体温の温度差による刺激をなくしています。更に痛さを軽減するために細い注射針を使用しています。太さは献血で使用するものの3分の1の太さです。

それでも、針を刺される不安や治療に対しての不安があって心配な方は、注射麻酔と併用する形で不安な気持ちを取り除くために、「静脈内鎮静法」による麻酔法を用いています。

「静脈内鎮静法」は鎮痛薬や向精神薬を静脈に直接注射し、麻酔状態をもたらす方法です。
歯科治療での麻酔というと歯茎に注射をする方法が一般的ですが、これに対して強い恐怖を覚える人が多いですが、静脈内鎮静法には精神の緊張状態を緩和させる効果があるため、こういった不安を解消することもできるのです。

また、リラックス効果とともに大きいのが健忘効果。 治療中はぼんやりとした酩酊状態になっており、治療中に起こったことを覚えていないことが多く、 また、時間の感覚も麻痺するので治療時間が実際よりも短く感じるようになり、いつ終わるのか不安にさらされながら治療を受けるようなことも ないのです。

この静脈内鎮静法、麻酔効果としては不十分なため、別に局所麻酔も併用します。 しかしその際に痛みを感じることもほとんどなく、あったとしても覚えていないことがほとんどです。

静脈内鎮静法は、嘔吐反射が強い人にも適しており、心電図や血圧計といった生体モニターを使用しながら治療中の健康状態をモニターしながら施術を進めるため、術中の体調変化にも迅速に対応できます。

インプラント個別相談開催中 医院の内見・CT診療無料で安心お見積もり

無料で個別相談「インプラント個別相談」受付中!
お気軽にご相談ください。
お電話やホームページからのご相談窓口もございます。

お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る